入れ歯治療・インプラント治療|津田沼で歯医者を探すなら|ながの歯科

〒275-0017
千葉県習志野市藤崎2-13-33 メルサ第三ビル1F
047-407-0864
WEB予約
ヘッダー画像

入れ歯治療・インプラント治療

入れ歯治療・インプラント治療|津田沼で歯医者を探すなら|ながの歯科

入れ歯治療とは

入れ歯(義歯)は、歯を失った部分にいれる取り外すことのできる人工歯です。
歯を失ったときにおぎなう方法としては、最も古いものですが、どんなケースにも対応できるので、現在でも広く取り入れられている治療方法です。

入れ歯はなかなか合わないし、噛みづらいというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、良い入れ歯はご自身の歯のように馴染むので、しっかり噛むことができます。
また合う入れ歯を入れて噛んでいることで、口元に張りがでて(ほうれい線やマリオットラインが薄くなります)、お顔も若返ります。
当院では患者様のご要望に幅広く対応できるよう、いろいろな種類の入れ歯を取り扱っております。

入れ歯(義歯)の種類

レジン床義歯(保険診療で使用される一般的な義歯)

レジン床義歯(保険診療で使用される一般的な義歯)

レジンと呼ばれる歯科用のプラスティックを材料とした入れ歯です。部分入れ歯と総入れ歯のどちらにも対応できます。

→部分入れ歯
歯を失った部分に入れ歯がはいり、それを支えるために健康な歯の数本にクラスプと呼ばれる金属の爪が入ります。

→総入れ歯
歯をすべて失った場合は総入れ歯になります。支えるためのクラスプ(金属の爪)をかける歯が無いので、歯ぐきと頬や唇の粘膜で安定させます。

メリット

・治療費が安い
・修理が比較的かんたん
・ほとんどのケースに対応できる

デメリット

・強度をおぎなうために厚みがでるので、粘膜や舌の違和感を感じることがある
・食べ物の温度や味を感じにくくなる場合がある
・人工歯の変色やすり減りを起こしやすい
・部分入れ歯だと、健康な歯にかかる金属が見える

ノンクラスプデンチャー(見た目のきれいな入れ歯)

ノンクラスプデンチャー(見た目のきれいな入れ歯)

最近では、部分入れ歯の中でも強度があり、見た目もきれいな入れ歯が開発されています。金属のクラスプを用いないノンクラスプデンチャーと呼ばれているものです。

メリット

・見た目がきれい
・入れ歯は薄く違和感が少なくかつ、強度はある
・つけ心地が良い

デメリット

・治療費が保険適用のものより高い
・修理に多少時間がかかる場合がある

金属床

金属床

入れ歯の内側の部分のほとんどが金属でできている入れ歯です。金属にすることで、入れ歯の厚みを薄くすることができ、部分入れ歯、総入れ歯のどちらも作ることができます。

メリット

・入れ歯が薄いので違和感が少ない
・金属を用いているので強度に優れる
・食べ物、飲み物の温度を感じやすい

デメリット

・治療費が保険適用のものより高い
・金属アレルギーのある方には向かない
・修理に多少時間がかかる場合がある

コンフォート義歯

コンフォート義歯

入れ歯の内側に柔らかい生体シリコンを張り付ける義歯になります。

メリット

・内側が柔らかいので痛みがでにくい
・痛みが出にくくなるので噛む力が増えて、食べれる食材の幅が広がる

デメリット

・治療費が保険摘用のものより高い
・修理に時間がかかる場合がある

インプラント治療とは

インプラント

インプラントとは、無くなってしまった歯の部分に新しい人工の歯と、その歯を入れる為に歯を支える土台(人の体内に埋入しても害の無いネジのような物)を顎の骨に埋入する治療法です。
入れ歯やブリッジという選択肢もありますが、より食事を楽しみたい、人と会話をするときに自然な口元を見せたいなどの要望を持つ患者様は、インプラント治療を希望されます。
それぞれの治療法でメリットとデメリットがあるので、下記をご参考ください。

メリット

・天然歯のような審美性・噛み心地
・周囲の歯に負担をかけない
・食事や会話に支障がない

デメリット

・手術が必要
・保険適用外のため高額
・持病によっては受けられない
・メインテナンスをしないとインプラント周囲炎を引き起こす危険性がある

ガイデッドサージェリーを用いた綿密なシミュレーション

ガイデットサージェリーとは、インプラント治療専用のコンピュータシミュレーションシステムのことです。歯科用CTで撮影した立体画像を元に、3Dで治療のシミュレーションを行うことができます。
このシステムを使用することによって、歯科医師は手術前に患者様のお口の状態に合わせた手術を詳しくイメージすることができるため、より安全・正確な手術を提供することができます。

インプラントの治療の流れ

1

精密検査と治療計画のご相談

インプラント治療をご希望の場合は、歯や骨の状態を詳しく知るために、まずは精密検査を行います。失われた歯の本数・位置を確認するほか、レントゲンや歯科用CTを用いてインプラントを支える骨が十分あるのかどうかを確認します。精密検査の結果を見ながら費用・期間などのご希望を含め、患者様とご一緒に治療計画を考えます。

2

インプラント治療に向けた処置・治療

精密検査時に、むし歯・歯周病が発見された場合、インプラント手術を受ける前に治療を行います。また精密検査で骨の量が不足しており、骨増殖の治療が必要と判断された場合、このタイミングで骨増殖の治療を行うケースもあります。

3

手術

インプラント手術は大きく2回行われます。1回目はインプラント体となる歯根部分を埋め込む手術です。局所麻酔下で行われるこの手術は、歯肉を切開し、骨を削った後、ガイデッドサージェリーでシミュレーションした正確な位置にインプラントを埋め込みます。

4

治癒期間

一次手術が完了したら、インプラント体が周囲の骨と結合するのを待ちます。
これにはおよそ3〜6か月ほど期間がかかり、その間は仮歯で過ごしていただきます。

5

人工歯の作成・治療完了

手術の傷が治り、インプラントが安定したところで人工歯を作成し、装着します。人工歯の作成は歯科技工士が行い、より天然歯に近い色や見た目を再現します。また、素材は患者様の希望に合わせて選択していただけます。
人工歯を取り付けたら、インプラント治療は完了です。

6

メインテナンス

しかし、インプラントを長く安全に使用していただくためには、定期的なメインテナンスが大切です。治療が完了しても、しばらくは短いスパンで通院していただき、その後も数か月に1度のペースで定期検診を受診されることをお勧めします。

※主なリスク・副作用

個人差がありますが、手術後の腫れや痛みを伴うことがあります。
(一時的なもので、多くの場合23日で治まります。)
骨造成治療後、骨がしっかりと作られるまで36か月間の治癒期間が必要です。
免疫力や抵抗力が低下している方、歯周病の発生リスクの高いとされる糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方や、あごの骨が足りない方、喫煙者の方は、骨造成治療がすぐにできないことがあります。